フィンランドは、日本人が移住するには住みにくい??

住みにくい

フィンランドのイメージってどんな事を思い浮かぶでしょうか?

サウナやオーロラやサンタクロースなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

では、フィンランドは本当に住みやすい国なのでしょうか?

 

日本人の若者が移住や留学の際の参考にしていただければ幸いです。

この記事には以下のような事が書かれています!

・フィンランドの住みにくさ

・日本人がフィンランドに移住する際の注意点

 

フィンランドってどんな所が住みにくい?

フィンランドの基礎情報は、外務省のデータが一番分かりやすいのでこちらをご覧ください!

では、本題に入りたいと思います。

 

実際にフィンランドは、日本人にとって住みにくいのか?

若者が、フィンランドに留学するのは結果として難しい部分があるかもしれません。

以前であれば、フィンランドの大学などに通う場合は授業料は無料だったのですが、現在はEU圏以外は授業料を払わないといけなくなっています。

 

フィンランド語は必須か?

フィンランドに移住する際、やはり気になるのが言語になります。

フィンランドの公用語は、外務省のデータによるとフィンランド語とスウェーデン語となっています。

スウェーデン語は、30万人近くが話せます。(フィンランドの全人口は約551万人)

 

ヨーロッパは、よく英語は通じると聞くことが多いです。

しかし、それは観光旅行で訪れる場合はそれでいいかもしれません。

実際にフィンランドでも、英語はある程度通じます。

しかし、移住して生活しようと思えば必然的に英語よりは、フィンランド語を話せた方が、現地の人とコミュニケーションは取りやすいです。

 

さらに、役所などの手続きや掲示板などは基本、フィンランド語が書かれているのが普通です。

日本で例えると、観光地などには英語・韓国語・中国語で表記がありますが、役所や地元では日本語の表記しかみません。

それは、海外でも同じなので、ある程度フィンランド語が話せた方が住みやすくなります。

逆に、話せないと住みにくい原因になります。

 



 

日本人にとってフィンランドの気候は合わない?

フィンランドは『寒い』イメージがあると思いますが、実際に寒いです!

首都のヘルシンキの年間平均気温は5℃!

一番寒いのは1月で、その平均気温は-9℃前後までなります。

 

ちなみに、日本の北海道の年間平均気温は9℃~10℃

一番寒い1月の平均気温は-2℃~-4℃

このデータからわかるように、北海道より断然寒いという事になります。

 

さらに、フィンランドは、日本に比べて日照時間がかなり短いです。

一番早い時には15時30分前後には、暗くなります。

太陽が出ない事も多いです。

生活のリズムがかなり崩れて、体調を悪くする人も多いです。

 

この日々が続くと……精神的にきつくなる人も多いみたいです。

慣れてくれば大丈夫な部分もありますが、日本の気候に慣れていると大変です。

精神的に疲れて折角のフィンランドでの移住生活が台無しになることもあるので、気候は大事だったります。

これが、日本人にとってフィンランドに住むうえで住みにくいと感じる点の一つです。

 

 

物価が高い?

ヨーロッパは物価が高いイメージがありますが、特に北欧は物価が高いといわれています。

フィンランドのVAT(付加価値税)は基本24%です。(日本の消費税にあたります)

本や医薬品などは10%

食品には14%

その他が24%

となっています!

 

この部分だけをみても、物価が高いのがわかります。

しかし、実際はどうなのか?

確かにフィンランドで外食をしようと思えば日本より高いです!

マクドナルドのビックマックセットを比べてみると日本では700円前後ですが、フィンランドでは1,000円前後となっています。

 

しかし、自炊をするならば東京の値段と比べてもあまり変わらないのが現状ですが、フィンランドの中でも、ヘルシンキやオーランドは割かし物価は高いです。

しかし、他の北欧諸国に比べると、フィンランドはそこまで物価は高くないのが現状です。

物価については、住みにくいと感じる部分は人によってかなり変わってきます。

 

 

フィンランドで仕事を探すのは大変?

フィンランドに住んでいくには、仕事をしないといけません!

フィンランドの失業率は、7.5%(2018年)です。

大体、ヨーロッパでは平均的な失業率です。

 

主要産業は、フィンランドの豊富な資源をいかしたパルプ・製紙で近年では情報通信産業が盛んになってきています。

しかし、日本人が移住してきて簡単に仕事は見つかりません。

英語は、最低限話せないと厳しいですしフィンランド語も話せないとコミュニケーションをとる事は難しくなってきます。

さらに、ある程度のスキルも必要になってきます。

なので、日本人がフィンランドで一から仕事を探すのはかなり難易度高いといえます!

しかし、フィンランドにいながら日本の仕事を受注できるようになれば、移住へのハードルはかなり下がってきます!

もっと言えば、プログラミング等を覚えればフィンランドの仕事も受注する事は可能になり選択肢も増えていきます。

その際は、英語だけでも充分やっていけます。

気になる方は、プログラミングの勉強を始めてみませんか?

最短・最速で脱プログラミング初心者|Skill Hacks(スキルハックス)

 

今回、フィンランドの住みにくさを紹介しました!

フィンランドへの移住は、メリット・デメリットがあります。

移住自体も、フィンランドへのは難しい部分もありますが決してダメなわけではありません。

きちんと調べて準備をすれば、可能な部分もあります。

フィンランド大使館のホームページをみて色んな情報を確認してみてください。

フィンランド大使館はこちら

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました