中高年の海外移住で持って行った方が良い日本製品!

移住

あなたが海外移住をして生活を始めるとき「あれを忘れた!」「あれを持ってくればよかった!」「えーっ!これは日本にしか無い物だったの…」なんてことになると、スタート時点から気がめいってしまいますよね。

最近は、海外でもほとんどの日用品をそろえることはできますから、あまり気にならないことかもしれません。

しかし、海外製品と日本製品では品質や使い心地なども異なります

若い人であれば順応性もあって海外製品でもすぐに慣れて上手に使いこなすことができるでしょうが、中高年の人たちはなかなかそう簡単にはいかないことも多くあります。

今回は、海外生活が長い経験者のお話をもとに、海外で生活を始めるに当たって「つい見落としがちになる物」や「現地でも手に入るけど日本製品の方が品質も良くて優れているという物」、これは日本から持って行った方が良いという日本製品などを紹介していきます。

 

1.食料品

お米はあらゆる国で売られているようですが、やはり味からすると日本人には「日本のお米」が一番おいしいので、荷物になりますが持参した方がベストだそうです。

調味料では、日本の物は海外でも取り扱っている所が限られており、販売されていても高額なことがほとんどで、醤油や味噌などは普通のスーパーなどでも販売する所が増えてはきたものの、日本人からするとやはり値段は高く感じてしまいます。

海外では、なかなか手に入りにくいものとしては、日本のウスターソースとお出汁があります。

特に現地にある洋風のソースは日本のソースと味が異なるので、日本のソースを持って行った方が良いそうです。

日本の食料品は、多くの国にあるチャイナタウンなどの中国商店で手に入れられることが多いようですが、ウスターソースとお出汁はなかなか置いておらず、日本から持って行った方が良い日本製品だそうです。

また、意外なことに日本では当たり前に売られている「カレーの固形ルウ」は日本独自の商品で、海外ではカレーパウダーは手に入っても、固形ルウは売られていることが少ないそうです。

その他、「麦茶」もなかなか海外では買えない物の一つだそうですから、熱い季節に麦茶が欠かせないという方は日本から持っていくのが良いですね!

《人気の秘密はプログラミングスクールよりもわかりやすいコンテンツ!》

2.薬品

持病で常用している薬がある人はその薬を持参するのはもちろんですが、海外で生活し始めると食生活が変わってくるため、胃薬や整腸剤を持っていっておく方が良いそうです。

日本人の体には日本で売られている薬が一番合うので、胃腸薬の他にも目薬や虫刺され薬なども準備していくと重宝するようです。

但し、国によって薬の持ち込み基準が異なり、一般市販薬ではない「医療用医薬品」は、持ち込み禁止品となる物のあるので、事前に大使館などへ問い合わせておくことをおススメします!

 

 

3.家電製品

普段使っていた日本製の電化製品をそのまま海外に持って行っても、海外仕様の物でなければ、電圧が異なるので変圧器をコンセントに取り付けるなどしないと使用できないので、持っている家電製品の仕様を確認しておきましょう。

もし、海外で使う電化製品を新しく買い替えようとするならば、現地で購入するより日本で海外仕様の物を買って持って行った方が無難なようです。

海外の製品より日本製の方が性能も良いといこともありますが、スイッチや操作パネル、リモコンなど日本語で表示されていた方が使いやすいですよね。

特に、お米を食べる習慣がない国だと「炊飯器」は売られていないことも多いようですから気を付けましょう!

また、パソコンに関しては現地で購入すると、その国の言語でOSがインストールされているので、日本から持っていく方が良いそうです。

 

4.日用品

包丁は海外でも売られていますが、海外生活をしている日本人の多くは「日本の包丁が一番」と言うそうです。

最近では、海外から日本に来た観光客も日本の包丁を買い求めること多いと言われるようになりました。

日本の包丁は切れ味が違うということなのでしょうが、やはり日本人は使い慣れた日本の包丁を持って行って使うのが良いですよね。

また、寒い国で生活する人はカイロも持って行った方が良い日本製品の一つだそうです。

「使い捨てカイロ」を含めてカイロ自体が日本独自の物だそうで、最近では海外でも手に入るようにになったようですが、やはり価格は高くなるそうです。

その他には、シャワーで入浴という習慣が多い海外では、湯船につかることがあまりないためか、「入浴剤」もめったにお目にかかれない品物のようです。

海外の習慣に倣ってシャワー中心の入浴にするなら良いのですが、日本人ならたまには湯船にゆっくりつかりたいというときもあるでしょう。

そのときに入浴剤を入れてと思うなら、日本から持っていかれていた方が良いですよ!

 

 

最後に必需品ではありませんが、海外ではなかなか手に入りにくい物として「耳かき」をあげておきます。

綿棒ならば海外でも普通に手に入りますが、耳かきは日本人をはじめとする東洋ならではの物のようで、特に西洋地域に移住される方は持って行った方が良い日本製品です!

 

*関連記事はこちら!⇒【中高年の海外移住によくある失敗例とは?~その1~

 

《プログラミングを安く早く学びたい人ならココがおススメ!》

タイトルとURLをコピーしました