ベトナムの医療格差について -ベトナムでの生活を考えているあなたへ-

医療

外国で仕事や生活をしようと考えるときに、物価や治安と共に重要なポイントとなるのが、その国の医療環境や医療水準です。

日本に住んでいると、いつでも自由に病院に通うことができ、それ相応の医療を受けられるのは当たり前だと考えられがちですが、一歩日本を出て外国となるとそうはいきません。

外国では文化や習慣が違うように医療環境が整っていても、医療費が高額だったり、保険制度が整っていなかったりで、日本いる時のように当たり前に医療が受けられるとは限りません。

ましてや医療水準が日本よりも劣る国となると、日本では助かる病気や怪我でも命取りになってしまうことすらあります。

在留邦人も多く、日本人にも人気のベトナム…

もし、あなたがこれからベトナムへ留学や仕事で生活しようと考えているのなら、ベトナムの医療事情を知っておくべきですし、知っておけばそれなりの準備もできるでしょう。

そこで今回はベトナム社会主義共和国の医療事情について紹介します。

ベトナムの医療事情

ベトナムの医療水準をみると、日本をはじめ先進諸国からの援助もあって急速に改善されつつありますが、それでも日本や近隣のアジア諸国と比べると、まだまだ低い水準にあると言えます。

外務省のデータでも紹介されていますが、医療環境としては近代的な医療設備は、ハノイやホーチミンなどの都市部の病院を除いて、ほとんど整備されておらず、地位間の格差が目立つうえに慢性的な医療スタッフの不足という問題も抱えているのが現状です。

それでも近年では、日本をはじめ欧米諸国へ留学する医師も増えていて、国としても最先端の医療技術指導を積極的に受け入れているので、ごく一部ながら専門的な医療も受けることができるようにはなってきています。

しかし、これが地方にまで広がるには、まだまだ時間がかかるでしょうし、外来を中心とする医療施設が多いため、救急処置や高度な医療技術を要する重症患者への対応能力には限界があり、近隣諸国であるタイやシンガポール、中国などの病院へ搬送されることも多々あるようです。

そのため、万一のときに備えるためと他国への搬送などを受けて高額な医療費がかかってもよいように、ベトナムで生活しようと思うなら医療先進国への緊急移送特約を付加した海外医療保険に加入しておくことは必須となります。

これは、ベトナムへの旅行であっても言えることです。

海外でも通用する仕事はプログラマー!

そんなプログラマーのスキルをお手軽に身に着けるのならココがおススメ!

最短・最速で脱プログラミング初心者|Skill Hacks(スキルハックス)

ベトナムと日本の医療制度の違いを知っておこう

社会主義国であるベトナムはASEAN諸国で唯一、日本と同じく「強制皆保険制度」を取っている国ですが、社会的弱者や貧困層の場合は保険料の全額または半額を国が負担して保険に加入させていて、自営業者や農場経営者などゆとりのある層は任意保険の加入をさせるという二本立ての保険制度となっています。

また、日本では保険診療と併せて患者の自己負担で治療を選択して組み合わせる、いわゆる「混合診療」は認められていませんが、ベトナムでは公的病院の財政的自立性が認められていて混合診療を行うことも許されているので、日本のように医療費が国内均一ではなく、省ごとに高かったり安かったりと異なります。

 

ベトナムの病院の現状は?

ベトナムの病院は公立と私立(民間)に分かれています。

公立病院は政府から様々な面で優遇されていて、勤務する医師は国家公務員で社会的なステータスも高く、多くの恩恵も受けていると言われます。

しかし、医療スタッフや医療機器は慢性的に不足しており、地方に行くほどその傾向は顕著になっています。

ベトナムを代表する公立病院として、ハノイのバックマイ病院、ホーチミンのチョーライ病院、フエにあるフエ中央総合病院の3つの大きな公立病院がありますが、地元の外来の患者に加え、紹介制度で地方病院で対応できない患者が送られてくるため、常に朝から大混雑で受付をするために長い行列ができ、受付を済ませても診察を受けるのは夕方ということも珍しくありません。

そのため、病院側も許可されたベッド数以上に患者を受け入れざるを得ず、患者が簡易ベッドに寝かされていたり、ひどいときにはひとつのベッドに2人の患者が寝かされるなど日本では考えられない状態もあるとか。

また、公立病院では基本的にベトナム語しか通じないため、日本人をはじめ言葉ができない外国人が公立病院に行くことは救急以外ほとんどありません。

これに対して私立の民間病院は2000年以降増加傾向にあり、最新の医療設備をそろえて、綺麗で豪華な医療施設を開設していますが、医療費が高額なため一般のベトナム人の患者の利用はほとんどなく、外国人や富裕層のベトナム人が対象となってしまうことや、公立病院に比べて土地使用や税制面で冷遇されていることから、私立病院の70%が経営難に喘いでいると言われています。

ベトナムの民間資本による私立病院以外にも、ハノイやホーチミンなどの大都市には、フランスやシンガポール、日系などの資本による外資系私立病院やクリニックがあり、近代的な医療機器を備え、日本人医師や日本語がわかるスタッフが勤務している病院なども増えています。

このため、必然的に現地で生活する日本人や外国人は、これら民間の私立病院に行くことになります。

 

私立病院では、どのくらいの医療費がかかるの?

シンガポール系資本で高級と言われるクリニックにかかったとすると、初診料が100USD(日本円で約10,800円)、これに様々な診察料がかかるわけですが、もし入院ともなると1日当たりの入院費は1,000USD(日本円で約108,000円)もかかるなど日本に比べると驚くほど高額です。

私立病院では救急患者は24時間受け入れられていますが、専門外来の場合は原則予約制となっており、公立病院の専門医師が勤務終了後に診療したりしています。

医療費の支払いは現金払いが原則となりますが、多くの病院ではクレジットカードも利用でき、最近では海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスの利用ができるところも増えてきています。

しかしながら、最新の医療機器を整え、これだけ高額な医療費を取られる私立病院でも、診断が難しい病気や高度な手術が必要な場合などは、医療水準が高い近隣諸国の病院に搬送されるというのですから、ベトナムで生活するときには健康管理に日頃から注意し、病気にならないようにしたいものです。

ベトナムのどこで生活するかにもよりますが、このように都市部と地方の医療格差は広がるばかりで、医療面だけを考えるとハノイやホーチミン、フエなどの大都市で生活するのが無難だと言えるでしょう。

もちろん、大都市だから安心ということにはならず、必ず現地に赴いて情報収集を兼ね、現実を見ていおくことが大切なのは言うまでもありません!

 

*ベトナムの関連記事はこちら ⇒【ベトナムの面白い習慣

 

海外でも通用する仕事はプログラマー!

そんなプログラマーのスキルをお手軽に身に着けるのならココがおススメ!

最短・最速で脱プログラミング初心者|Skill Hacks(スキルハックス)

 

タイトルとURLをコピーしました